衣類の黄ばみを落とす方法

NHKの番組「ガッテン!」で衣類の黄ばみを落とす方法が紹介されていました。
黄ばみがなぜできるのか?もわかったし、黄ばみを落とす方法もわかってスッキリしました。
 

 黄ばみの正体

 
衣服の黄ばみは人間の皮脂が原因です。繊維に絡みついた皮脂は通常の洗濯では落ちません。しかしクリーニング屋で行われるドライクリーニング(洗濯物をきれいな油で洗う洗濯方法)だと、皮脂汚れを落とすことができます。
しかしドライクリーニングをしたシャツを着ないでそのまま放置すると、再び黄ばみが浮き出てきます。この黄ばみの原因は、たんぱく質(人間の垢)です。たんぱく質は油では落とす事ができないので、たんぱく質が時間の経過とともに浮かび上がってしまうため、黄ばんでしまうのです。

黄ばみの原因を完全に除去するには、ドライクリーニングをしたシャツをすぐに家庭で洗濯すれば黄ばみの原因を除去することが可能です。それはドライクリーニングで皮脂の汚れを落として、家庭で洗濯することによってたんぱく質を落とすからです。この2段階の洗濯で黄ばみの原因を完全に取り除くことができ、3ヵ月経っても黄ばみが出てくることはありません。

 家庭でもできる黄ばみを落とす方法

 
黄ばみの原因を家庭で除去するために使うのが台所用洗剤です。台所用洗剤は油汚れを落とす事に特化しているので皮脂を取り除くのに効果を発揮します。台所用洗剤で皮脂を取り除いてから、普通に洗濯をしてたんぱく質を取り除けば黄ばみの原因を除去でき、真っ白なシャツに仕上げることができます。
 
《黄ばみ落とす方法》

用意するもの・・・台所用洗剤(濃縮タイプ)・酸素系漂白剤(粉)・歯ブラシ
※手袋(手荒れを防ぐためにの着用をおすすめしてました)

1.台所用洗剤(濃縮タイプ):大さじ1と
 酸素系漂白剤(粉):大さじ半分を混ぜる。

2.水:大さじ2杯を加えてよくかき混ぜる。
 (これで洗剤液は完成)

3.完成した洗剤液を黄ばんでいる部分に塗り、歯ブラシで洗剤を染み込ませる。

4.1分放置する。(頑固な汚れの場合、時間を増やす)

5.洗濯機に入れて、通常の洗濯用洗剤を使って洗濯する。
 

この方法は3ヶ月に1度でいいみたいです。

 
《全体が黄ばんだ服の場合》

1.台所用洗剤:大さじ1と酸素系漂白剤:大さじ半分を2リットルのお湯(40度)に溶く。

2.10分を目安に服をつけこむ。
汚れがひどい場合は台所用洗剤の量を増やします。

3.あとはそのまま洗濯をすればOK。

酸素系漂白剤には液体タイプより漂白力が強い粉末タイプの方がオススメ。しかし粉末の酸素系漂白剤はウール、シルク、金属繊維には使えません。また酸素系漂白剤と塩素系漂白剤は絶対に混ぜてはいけないのでご注意ください。
 
ここまで読んで頂き、ありがとうございました。
 
 

 この改善で若返りを期待するのは間違ってるだろうか?(改善173日目)

 
改善項目のチェック。
《改善項目》
0時までに寝る...×
ご飯は1日2合まで...〇
納豆を食べるor味噌汁を飲む...〇
腕立て伏せ30回...〇
ストレッチ5分...×
腹筋30回...〇
ウォーキング...〇

体重測定の結果...62.9㎏

さっそくワイシャツの黄ばみが落ちるのか試してみました。
といってもサボって酸素系漂白剤を使わずに、台所用洗剤だけですが...。
しかし洗ってみると黄ばみはある程度落ちてました。
頑固な黄ばみがとれて気持ちよかったです。

最近体重が増加傾向。
連休はいつもより食べ過ぎていたので増えるのは理解できるのですが、昨日と今日はいつもの食事に戻しています。それなのに体重が増えているのはショック。
もう少し運動を増やすかどうするか考えようかな。

今日も笑顔になれたことに感謝!

   

 - 幸せの種まき, 日 記