サンクコストの錯覚

今日は『サンクコストの錯覚』についてのネタです。

サンクコストは英語で書くと、「sunk cost」です。
意味は「埋没費用」つまり、何らかの行為に投資した資金のうち、その行為を中止したり、縮小して実行したりしたとしても、絶対に回収できない費用のことをいいます。

例えば、食事付きの婚活パーティに1万円払って参加したとします。
けれど異性に好みのタイプは全くといっていいほどおらず、料理もいまいちでした。
しかし途中で退出しても参加費は払わなくてはなりません。

このとき、「時間を浪費してまで、このパーティに参加し続ける」か、あるいは「パーティを退出して、残りの時間を有効に使う」かの選択になります。「パーティを退出して、残りの時間を有効に使う」という、いわゆる損切りする方が合理的な選択といえます。しかし、多くの人は、1万円がもったいない、元をとらなければと考え、その場に居続けることになるでしょう。

この場合サンクコストは、参加費1万円と退出するまでの時間になります。
また、どちらの選択肢を選んだとしても、回収することはできません。そして人間というのは、すでに投資してしまった、という事実に引きずられやすく、合理的な判断ができなくなってしまう傾向があるのです。

これが、『サンクコストの錯覚』です。

日常生活においても同じ現象がみらることがあります。
「ずっと我慢して夫婦生活をしてきたのに、ここで離婚してしまったら、これまでの苦労が...」
といった夫婦の問題もそうですよね。
 
サンクコストの錯覚とはちょっと違うかもしれませんが、私の身近な場面で思い浮かんだのは、競馬場とかウインズになります。
「ここまでつぎ込んだのだから、次で取り戻さなければ...」
とつい競馬に熱くなって、なかなか損切できなくなってしまいます。
これでどれだけ負けて帰ったことでしょうか(苦笑)
 
 

 コンコルド効果

  
『サンクコストの錯覚』は、『コンコルド効果』という名前でも知られています。これはコンコルドという飛行機の開発から運行終了までの話に由来しています。

コンコルドはイギリスとフランスが共同開発した、最高時速マッハ2の旅客機で開発当初は夢の超音速旅客機と呼ばれた機体でした。ところが、いざ完成してみると、コンコルドは、通常より長い滑走距離を必要とするため、多くの空港の滑走路を改修する必要があることがわかりました。さらに、超音速によるソニックブームが問題となり、コンコルドの上空通過を拒否する国が続出。超音速で飛べるのは海上だけに限られてしまいました。そのため、就航も大西洋を横断する数少ない路線だけとなってしまいます。

また燃費の悪さや運航コストの高さが追い討ちをかけ、ほとんどの航空会社が発注をキャンセルし、20機しか製作されず、商業的に大失敗に終わってしまいました。また2000年に起きた墜落事故がきっかけとなり、2003年には全機が退役となり、開発費を回収することができずに運航を終了しました。

開発途中のどこかでやめる機会があったりしたかもしれませんが、なかなか損切りは難しいですよね。

ということで、『サンクコストの錯覚』を通じて合理的な損切りって簡単にできることじゃないですよねっていうお話でした。
たまには現状を見直してみるといいかもしれませんね。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

 この改善で若返りを期待するのは間違ってるだろうか?(改善118日目)

 
いつもの改善。
《改善項目》
0時までに寝る...×
ご飯は1日2合まで...〇
納豆を食べるor味噌汁を飲む...〇
腕立て伏せ30回...〇
ストレッチ5分...〇
腹筋30回...〇
ウォーキング...〇

体重測定の結果...60.9㎏
昨日に比べて0.2㎏増

早めにベッドに横になったのですが、寝つけませんでした。
今日こそは0時に寝たいものです。

今日も健康にいられたことに感謝!

   

 - 幸せの種まき, 日 記